ブログトップ

Yui Komatsu from Sweden

yui0822.exblog.jp

2011年 01月 02日 ( 1 )

travel 09

2nd Jan 2011
Kracow / Poland



まさかの寝坊。

慌ただしく準備を済ませ,

Krakowの街からアウシュビッツまで出ているバスに飛び乗りました。

a0152079_1064611.jpg


数年前に見たアウシュビッツについての映画が忘れられず、

死ぬまでにその現場をこの目で見たいという夢が、

まさかの新年早々になるとは思いもしませんでした。

a0152079_107956.jpg


第二次世界大戦中に、

ナチ政権が国家をあげて推進した人種差別的な抑圧政策により、

最大級の惨劇が生まれたとされるこのアウシュビッツ収容所は、

負の世界遺産に認定されているそうで。

収容所は数カ所あるようで、最初に第一の収容所にいきました。

a0152079_107295.jpg


a0152079_1074921.jpg


a0152079_1081078.jpg


第一の収容所はかなり観光客向けに修復されていて、

そこまで残酷なものは見なかったけど、

当時の収容者の靴やカバン、さらには女性の髪の毛の山の展示には、

かなり驚かされました。

a0152079_1083027.jpg


a0152079_1085067.jpg


収容者はここに着くとすぐ、職種や性別、年齢でわけられ、

そのまま死のガス室に入れられる人もいれば、

3日間連続で働かされる人も。

ガイドさんは何度も何度も" DEATH FACTORY " 「死の工場」と言っていた。

a0152079_1092988.jpg


a0152079_1094856.jpg


たったの1日しか生きられなかったなんて。



第二の収容所は、私が映画で見た景色そのもので、

街からアウシュビッツ収容所まで住民を運ぶ、

特別につくられた当時の線路もまだ残り、

建物の中も当時の様子がかなり伺えた。

a0152079_10101087.jpg


a0152079_10103177.jpg


a0152079_10104738.jpg


冬はマイナス38度、夏は40度近くまでなるPolandでご飯もろくに食べれず、

死ぬまで働かせられる。

収容されて1日で殺された人もいる。

こんな悲劇は絶対に繰り返してはいけないと思った。

ただ、思うことしかできなかったけど、来てよかった。



さらに来てよかったと思ったことは、

観光客の大半がそのドイツ人だという事を、

ガイドの人が教えてくれた。

そして、この収容所の維持費の多くをドイツ人がだしているという事。

何と言ったらいいかよくわからないけど、少しすくわれた。

その後ホテルにもどって荷造りし、今日の夜行列車に乗り込んだ。

1週間近く滞在したPolandから南に南下、第二の国Slovakiaに向かいます。



KOMATSU YUI
[PR]
by yui19890822 | 2011-01-02 10:13 | TRAVEL