ブログトップ

Yui Komatsu from Sweden

yui0822.exblog.jp

My teacher

プレゼン2日前。

Land Artはグループワークだったので、

グループメイトの力をかなり頼ってやってこれたものの、

今回は個人課題、個人プレゼン。

特にデザインの授業な訳ではないので、

コンセプトや調査結果などを、

事細かに発表する必要はないと思うけど、

Land Artで不完全燃焼な身として、

どうしてもという気持ちはやっぱりあるものです。

とくに大好きなシルクスクリーンを使った作品づくりなので、

後悔だけはしたくないという....

ただの、負けず嫌いなんです。
a0152079_5335870.jpg

そんな今日は、留学が決まった去年の冬から約1年メールでやりとりしていた、

こちらの担当の先生と初めてお会いする日。

彼女はかなり忙しく、私がここに着いた時はドイツにいて、

今日の昼、ウメオに帰ってきたそうで。

そして4日後にはまたSwedenの北の方へ行かれるそう。



そんな彼女が教えてくれたSwedenのよく分からないこの数字盤。
a0152079_5393852.jpg

この道をどれだけの自転車が通ったかをカウントしているらしい。

ほお〜自転車が必須な国だけあります。

でも、生活していてもっと他に知りたい情報たくさんある気がするけど(笑)



そんな彼女がダウンタウンで夕食をご馳走してくれました。

素敵なpubに連れてってくださって、

SwedenとFinlandの間にあるゴットランドという島の

特産ビールまでご馳走に....!
a0152079_5433280.jpg

a0152079_543537.jpg

彼女が私の担当の先生 Kajsa(カイサ)先生です。

専門はテキスタイルだそうで。
a0152079_714464.jpg


お会いできたのは初めてだったけど、

1年間メールをしてきたので、すぐに話しが盛り上がりました。

寸前まで一対一で、(しかもおそらく向かい合って会話をすることに)

ビビっていた私でしたが、不思議と思ってることを口に出来ました。

それは多分カイサ先生の人柄とSweden人らしい優しさのおかげで、

私が今まで何を思って、何をして、何を考えているのかを聞いてくれました。

なんだかそれが、初めて自分の感情を英語で、そして本音で話せた様な気がして、

帰りのバスの中、1人でジーンとしてしまいました(笑)



いや、でもしかし、本当にこれがどんなに大切なことか。

異国の地、異なる言語で、自分の感情すら表現できない。

それがどんなにつらいことか。

しまいには自分のことすら分からなくなってしまう。

そんなしがらみから克服するために、

もっともっと人とコミュニケーションをとる必要があるのでしょう。



自然が豊かなSwedenにいるからなのか、

感受性豊かな今日このごろ。

"ああ、わたし生きてるんだな"なんて思ってしまうクサいありさま(笑)



KOMATSU YUI
[PR]
by yui19890822 | 2010-10-11 22:27 | Sweden
<< The sun sets ea... 日本から >>